A10サイクロンSAの口コミ

ユーザーの意見として多かったのは、アタッチメントによってかなり刺激も異なってくるというものでした。
ただ、商品のモーターを動かしているだけではイケないという人も多く、モーターを回転させながら本体を上下させる人も多くいるようです。
現状では、ペニスの大きさなどにかなり依存するといった感想を挙げている人が多く見られます。
独特な形状ゆえに、万人に合う仕様となっているわけではないようです。
本体のサイズがかなり大きい、という意見も見られました。
重量もそこそこあり、少し体位を選ぶ商品だという方もいらっしゃいます。
1.5Lから2Lのペットボトルくらいのサイズはあるようです。
それゆえ、サイズが少し大きすぎる、という意見や、重いのが少し難点である、という意見も見られますが、それを考慮しても製品としては好評かであるという意見もあるので、高性能ゆえの大型化、と、ユーザーも納得できるほどの高性能であるといえるでしょう。
商品の売りであるトルクフルなモーターについては、低速での回転は非常に安定感があるとのことでした。
また、静音性については、多くの人が満足しているようです。
前作である「A10サイクロン」と比較して、本商品はゆったり目のプレイになりがちで、高刺激なプレイを楽しみたいのであれば、前作の方がオススメである、という意見も見られます。
回転の強さはそれほど強くはないけれど、特殊な動きにより、快感性能は抜群のようです。
また、アタッチメントには色々な種類がありますが、一番の人気はスタンダードなタイプです。
それだけ、本体の回転性能がよい、ということでしょう。
アタッチメントは本製品の快感性能を大きく左右するファクターではありますが、スタンダードタイプのアタッチメントは、もっとも回転性能を反映する設計となっています。
稼働が充電式であるのも、高い評価を得ているようです。
ランニングコストもよく、全体として非常に満足されているユーザーが多く見られました。
ただ、なかには、穴が狭い、短い、という意見などもあり、やはり、ペニスのサイズは使用感に大きく関わってくることがわかります。
また、刺激がソフトになったことから、前作「A10サイクロン」で強い刺激が好みだったユーザーからは「物足りない」と感じるという意見も見られました。
本製品は、まったりとしたロングプレイに向いているようなので、自分の求める刺激や快感に合わせて製品の購入を検討するべき、というアドバイスも書かれていました。